トップ > モータースポーツ > F1全史 > F1全史 第13集 2011-2015

F1全史
F1全史 第13集 2011-2015

2018.07.03
定価4752円

カートに入れる

Amazonで買う

F1全史
F1全史 第13集 2011-2015
激動する F1 の 歴史 を再検証
シリーズ第13弾 2011 - 2015
[ 一強時代到来と ホンダ F1復帰 ]

“ ニューウェイ・マジック "で ベッテル & レッドブル 4連覇の後に新規定導入でホンダが復帰。
そして メルセデス 独走時代到来

V8エンジン の性能規制でシャシー空力性能への依存度が高くなり、「 エアロの魔術師 」と呼ばれる エイドリアン・ニューウェイ がデザインするレッドブルが戦闘力を維持し、若き王者 ベッテル は選手権4連覇。
しかし 2014年 から新たに導入された パワーユニット規定 で勢力図は一変、最強ユニットを開発した メルセデスが開幕から圧倒的な速さを見せ、前年からチームに加入した ハミルトン が2年連続で王座獲得する。
新時代に復帰したホンダは想定外の大苦戦─技術革新と規定変更の限りなき応酬が展開された5年間。

戦いの世界において、栄枯盛衰は付きものである。とはいえこの5年間はその光と影が、かつてないほどにくっきりと映し出された。
F1復帰を果たした ミハエル・シューマッハー にもはや帝王の面影はなく、表舞台から永遠に去っていった。
そんな彼と入れ替わるかのように輝いたのが セバスチャン・ベッテル 。しかし、その栄光の時代にも終わりがやってくる。
着々と準備を進めていたメルセデスが新時代になってライバルたちに対し圧倒的な差を見せつけることになったのだ。
孤軍奮闘状態だった 小林可夢偉 はシートを失い、パワーユニットサプライヤーとして復帰を果たしたホンダも、予想外の大不振 ─本文より


■既刊シリーズ
第1集 / 1986‐1990 [ターボの終焉とホンダ専制時代]
第2集 / 1981‐1985 [もっとパワーを! ターボ化と政争の渦の中で]
第3集 / 1976‐1980 [空力を求めて/王者 ラウダ の光と陰]
第4集 / 1971‐1975 [名手 スチュワート の退場/若手精鋭たちの新時代]
第5集 / 1966‐1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]
第6集 / 1991‐1995 [巨星墜つ! セナ 不在で揺れるグランプリ界]
第7集 / 1961‐1965 [充実の“葉巻型"1.5?時代/クラークとロータスの蜜月]
第8集 / 1956‐1960 [ ファンジオ の覇権/ミッドシップ革命]
第9集 / 1950‐1955 [F1世界GPの夜明け/メルセデス無敗神話]
第10集 / 1996‐2000 [新世紀への序章と“対" シューマッハー 時代]
第11集 / 2001‐2005 [絶対王者シューマッハーの君臨とジャパンパワー]
第12集 / 2006‐2010 [混沌の覇権争いと日本チームの撤退]



先行予約受付中!

※こちらの商品は予約商品です。商品の発送は発売日より順次行います。
※他商品と同時購入(予約商品同士の組み合わせも含みます)の場合は、同一梱包にて、もっとも発売日の遅い商品に合わせての発送となりますのでご注意ください。
※発売日の違う予約商品を複数ご注文される場合は、必ずそれぞれを個別に注文して頂けますようお願いいたします。
(同じカートに入れた場合は、発売日の遅い商品に合わせての同一発送となります)

関連商品
F1速報
第7戦 カナダGP号

王座奪還の布石

レーシングオン
ポルシェ917 vs フェラーリ512

【特集】ポルシェ917 vs フェラーリ512

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD