トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > vol.439 日産ジュークのすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
vol.439 日産ジュークのすべて

2010.06.22
不定期刊
定価463円 (本体価格429円)
ISBN:9784779609381

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

vol.439 日産ジュークのすべて
「コンパクトなクロスオーバーSUV」――そんなありきたりな言葉で表現できないのが、このクルマの特徴であり、魅力でもある。

誰もがひと目で脳裏に焼き付けられるであろうエクステリアデザイン、なかでも上部にコンビランプ、下部に大型フォグランプを彷彿させるヘッドランプを配したフロントフェイスの存在感は格別。インテリアの印象も独特で、バイクのシート~タンクのフォルムをイメージしたというセンターコンソールは、メタリックなガンメタまたはレッド(15RXのみ)の塗装が施され、エクステリアに負けないオリジナリティを主張する。

そのインテリアにおいて、アピアランスと機能性の両面から注目を集めそうなのが『インテリジェントコントロールディスプレイ』だ。センターパネルの下部に設置されたディスプレイとその周りのスイッチが、エアコン操作画面と車両情報画面を兼ねる、というより“切り替えられる”のがポイント。特殊なフィルターとLEDランプを用いて、ディスプレイのみならずスイッチの表示(文字&色)までも切り替わるその様子は、多くの人にとって未体験のものだろう。

このインテリジェントコントロールディスプレイを用いれば、『ノーマル』・『スポーツ』・『エコ』という3種類のドライブモードモードに応じて、アクセルレスポンスやシフト制御を変化させることが可能。たとえば『エコ』モードを選べば、『ノーマル』時より5~10%の実用燃費向上を見込めるという具合で、シチュエーションに応じたドライブフィールを味わえる趣向だ。

短めの全長にワイドなトレッド、またクーペ風味のキャビンからうかがえるように、スポーティなキャラクターは走りにも現れている。その本命は今秋追加される1.6◆ターボ搭載のモデルだが、デュアルインジェクターの採用など大改良が実施された1.5◆エンジン、新たに副変速機が加えられた新CVTの組み合わせもスポーティな走りを提供。あらゆる意味で、ジャンルやサイズを超越した存在であるのが、ジュークというクルマなのだ。

関連商品
ゲンロク
2018年1月号

先行予約受付中!

鉄道のテクノロジー
vol.18 新幹線と最新鉄道技術

新幹線の最新技術がこれ一冊で丸わかり!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD