トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > 新型フィット&フィットハイブリッドのすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
新型フィット&フィットハイブリッドのすべて

2010.10.15
不定期刊
特別定価494円 (特別本体価格457円)
ISBN:9784779610394

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

新型フィット&フィットハイブリッドのすべて
~人気も、燃費もNO.1に~

「鬼に金棒」とは、まさにこのこと。誰もが認める高性能と、それに裏打ちされた人気を誇る「コンパクトカーNO.1」であるフィットに、ハイブリッドシステム『IMA』搭載モデルが追加設定された。

ガソリンエンジン搭載車からのコンバートという点ではシビックハイブリッドと同様だが、フィット自慢の高効率パッケージングを活かせるよう、ハイブリッド用バッテリーなどをコンパクトに配置。結果として、犠牲になったのはラゲッジ床下収納スペース程度で済み、フィットならではの居住性や積載性は十分に確保されている。

注目の燃費は、10・15モード30.0km/L。1.3Lエンジンにモーターというハイブリッドシステムは、フィット専用にセッティングされたものだ。インサイトと比べてモーターのみの走行領域が拡大され、アイドリングストップ頻度が高められているなど、街乗りベストな低燃費カーに仕立てられている。また、モーターアシスト量もインサイトより増して鋭い加速を味わえるほか、パドルシフト搭載モデルも用意されるなど、走りの楽しさを味わえるのは、ホンダ車らしいところだ。

ハイブリッド車ならではなのは、核となる『IMA』だけではない。内外装のデザインが専用のものになるほか、インサイト以降のハイブリッド車同様のアンビエントメーター、エコ運転のティーチング機能などが装備され、エコ運転をアシスト。ナビもガソリンエンジン車のものとは異なり、通信費無料の専用通信機器を搭載したインターナビ対応モデルが用意され、『省燃費ルート案内』機能などによりナビにおいても燃費性能をアシストする。

このハイブリッドモデル登場と同時に、ベースとなるガソリンエンジン車のマイナーチェンジも実施された。内外装の変更といった見た目の変化はもちろんだが、パーキングブレーキやドアロックノブの形状変更など、細部の使い勝手が向上。その一方、スポーツモデルである『RS』には6速MTが採用されるなど、新たな魅力も獲得している。

フィットに、ハイブリッドシステム『IMA』搭載モデルが追加!

試乗記

使い勝手








関連商品
鉄道のテクノロジー
vol.18 新幹線と最新鉄道技術

新幹線の最新技術がこれ一冊で丸わかり!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD