トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > 新型ヴィッツのすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
新型ヴィッツのすべて

2011.01.18
不定期刊
特別定価494円 (特別本体価格457円)
ISBN:9784779611421

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

新型ヴィッツのすべて
~コンパクトらしく、コンパクトらしからず~

「コンパクトカーだから狭い」や「コンパクトカーだから安っぽい」という言い訳は、もはや通用しない。前者に関して言えば、先代ヴィッツはライバルと比べてラゲッジスペースが狭かったため、新型ではホイールベースを50mm拡大するなどして、ラゲッジの奥行きを145mm拡大。加えて、120mmという+αの高さを確保できる『アジャスタブルデッキボード』を用意するなどして、使い勝手も向上させている。

いっぽう、後者の質感向上についても対策済み。コンパクトカーの定石とも言える女性向けの柔らかいフォルムから一転、新型のエクステリアではワイド感や躍動感を強調し、1クラス上の優雅さを醸し出す。それでいながら、やはり女性を意識した華と艶を持ち合わせたデザインが採用された『Jewela』、男性好みのスポーティなエアロパーツに包まれた『RS』がラインナップされ、ヴィッツの異なる世界を見せてくれる。インテリアも質感向上をねらい、特に上級の『U』ではインパネとドアトリムアッパーがソフトパッド表皮とされるなど、コンパクトカー基準を上回る出来栄えだ。

そして、コンパクトカーだからこそ当然のように求められる“燃費”についても磐石。先代で1.0L車に搭載されていたアイドリングストップ機構は、新型では1.3L車に搭載され、コンパクトカー最高峰の26.5km/Lという数値をマーク。この進化したアイドリングストップ機構のポイントは“常時かみ合い式”のスターターが採用されていることで、エンジン再始動が早くて静か。停車するとエンジンが自動で停止され、ブレーキペダルから足を離すと再始動するのは他社製のアイドリングストップ機構と同様だが、その再始動時間はわずか0.35秒というスムーズさを誇る。

また、フロントドアウインドウに紫外線を約99%カットする『スーパーUVカットガラス』を採用、助手席に置いたバッグの落下を防ぐ『買い物アシストシート』を先代に続いて用意するなど、便利かつ快適な装備も充実。毎日のパートナーとして、こういった配慮は欠かせないものだ。

あらゆる人にヴィッツを

試乗記

使い勝手

関連商品
ゲンロク
2018年1月号

先行予約受付中!

鉄道のテクノロジー
vol.18 新幹線と最新鉄道技術

新幹線の最新技術がこれ一冊で丸わかり!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD