トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > Vol.452 トヨタ プリウスαのすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
Vol.452 トヨタ プリウスαのすべて

2011.05.25
不定期刊
特別定価494円 (特別本体価格457円)
ISBN:9784779611988

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

Vol.452 トヨタ プリウスαのすべて
~2名分のスペースを“+α”~

「いざという時、多人数乗車できるほうが良い」ともてはやされたミニバンだが、環境意識が高まってきた最近は「大きくて重いせいで、燃費が悪い」と敬遠される傾向が強まりつつある。しかし、「多人数乗車できる大きさを備えているが、燃費も良い」というクルマがあったなら……。そんな思いを実現させたのが、プリウスαと言えるだろう。

内外装のデザインテイストは、プリウスらしさに富む。空力性能を高めるエアロコーナー、二代目から受け継ぐサイドのトライアングルシルエット、各種情報を集約したセンターメーターなど、プリウス・ファミリーを名乗るにふさわしい造形が散りばめられている。

ボディの3サイズはプリウスに比べていずれも拡大。全長が+155mm、全幅+30mm、全高+85mmで、それにともなって車重も100kg以上プラスされる。こうして生み出されたスペースを活かし、1~2列目間距離は+35mmと余裕が大きくなり、ラゲッジスペースは+195L(5人乗りで)も確保。着座位置を高めに設定することで、居住スペースを有効活用する設計も功を奏している。

プリウスαには2列シート・5人乗りと3列シート・7人乗りという2種類の仕様が用意されている。両者の違いが3列目シートの有無であることは当然だが、実は搭載されるバッテリーも違う。5人乗りにはラゲッジ床下にプリウスと同じニッケル水素バッテリーが配置されているのに対して、7人乗りではより小型のリチウムイオンバッテリーが運転席・助手席間センターコンソール下に配置されている。これは、3列目乗員のためのスペースを確保するための措置であり、おかげで3列目にも身長170cm程度までの人なら着座可能だ。

異なるバッテリーを積みつつも、核となるハイブリッドシステムはプリウス同様のTHSII。これにより、1・8Lエンジンに発電用と駆動用のモーターを組み合わせ、31・0km/Lという好燃費性能を誇る。燃費重視の『エコドライブモード』、力強い走りを楽しめる『パワーモード』、モーターのみの走行となる『EVモード』という3種類の走行モードが設定されているのも、プリウス同様だ。

プラスαされた注目装備のひとつが、樹脂製のパノラマルーフ。通常のサンルーフに採用されているガラスだと、ノーマルルーフより大きく車重が増えてしまうのがネックだった。しかし、ガラスではなく樹脂を採用することにより、パノラマルーフ装着車に比べて+10kgの車重アップ(ガラス比-17kg)にとどめることができ、走行性能向上にも寄与。断熱性という面からも、ガラスよりメリットがある。

もはや、“プリウス”といえば誰もが“低燃費”であることを連想するはず。そんな名を冠しつつ、大容量ラゲッジを持つワゴンとして、またコンパクトなミニバンとしての、新たな可能性が“α”という車名に込められている。

目次

試乗記

使い勝手

関連商品
鉄道のテクノロジー
vol.18 新幹線と最新鉄道技術

新幹線の最新技術がこれ一冊で丸わかり!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD