トップ > ファッション・カルチャー > DIGGIN' MAGAZINE ディギンマガジン > Diggin’MAGAZINE vol.8

DIGGIN' MAGAZINE ディギンマガジン
Diggin’MAGAZINE vol.8

2016.12.23
不定期刊
定価1380円 (本体価格1278円)
ISBN:9784779631290

カートに入れる

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

Diggin’MAGAZINE vol.8
DIGGIN' MAGAZINE ISSUE 08
BOARD DESIGN ISSUE


スノーボードと呼ばれる乗り物が製品となって約40年。道具としてのデザインは時代を一回りし、現在、さらなら発展を迎えようとしている。
原点回帰のように、40年前と同じ制作方法でスノーボードを自作する者もいれば、近未来的なアウトラインをボードへ導入するものもいる。サーフィンとスケートボードの文化と並列して、スノーボードという乗り物が文化的開花を遂げようとしている“いま”を特集します。

HISTROY

現在ではレトロなボードをビンテージとしてコレクションする人も多く、そのコミュニティは世界規模で膨れ上がっているようだ。このチャプターではそうしたコレクターが所有する数々のボードを並べながら、ボードデザインがいかにして進化してきたのか、その系譜を見つめてみる

コリー・スミス

もともとCAPiTAのライダーだったコリー・スミスは、当時から独特のスタイルとウエアの着こなしで、他と一線を画す創造性豊かなスノーボーダーだった。プロスノーボーダーとしてのキャリアを退くと、ファッションやアートの世界に没頭する。どこか猟奇的な雰囲気をまとった彼が展開するスプリング・ブレイクとは、ボードデザインにどんなインパクトを与えたのだろうか。

雪板

雪板の世界を知る。基本はただの木板で、バインディングなど無いとてもプリミティブなもの。

どんな板でもただ滑り降りることはできるが、ライディングで得られる様々な感覚を追い求めるうえでは、ボトムやアウトラインのデザインが重要になってくる。そうしたデザインにくわえ、雪板でのライディングシーンも特集。

関連商品
THE DAY
THE DAY vol.25

いつだって、デニムとネイティブ物。

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD