トップ > クルマ > 2017年 その他のクルマ誌 > GT-R戦記

2017年 その他のクルマ誌
GT-R戦記

2017.12.01
不定期刊
定価1620円 (本体価格1500円)
ISBN:9784779634642

カートに入れる

Amazonで買う

バックナンバー

R30&R31 Magazine
2017年 その他のクルマ誌

サンマル&サンイチに昂る。
ディープな80's スカイラインの世界。

2017年 その他のクルマ誌
GT-R戦記
2004~2015年スーパーGTにおいて日産GT-Rを6回のシリーズチャンピオンに導いた総監督、柿元邦彦氏の自叙伝。同氏はエンジニアとして、マネージャーとして、あるいは監督として日産のモータースポーツを50年間支えてきた。その経験から、モータースポーツの本質と意義を語る。仕事の進め方や欧米文化の壁など、クルマという工業製品と、レーシングチームという多くの人間が分業するシステムを操り、戦うモータースポーツだからこそ得られる学びがそこにある。

柿元邦彦氏の自叙伝

自動車メーカーにとってのモータースポーツ/戦うは千種なり。スーパーGT年間プロセスと監督の責任範囲/「天・知・人」モータースポーツにおける勝利の条件/スーパーGT総監督という仕事/人生で大切なことはすべてモータースポーツから学んだ/モータースポーツの独自考察/追浜からニスモへそして再び追浜へ。技術開発の取り組み/モータースポーツのこれから30年への提言/多様化する時代に結果を出す/老兵は死なず。ただ戦場に立ち続けるのみ(四六判・全296ページ)

柿元邦彦

Kunihiko Kakimoto

1945年鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部機械工学科卒業後、日産自動車に入社。モータースポーツを担当する特殊車両部にて、ラリー・レース仕様エンジンや車両開発に従事。世界ラリー選手権のサファリラリー、RACラリー、1000湖ラリー等にエンジニアやマネージャーとして参戦。その後ニスモ(ニッサンモータースポーツインターナショナル㈱)へ出向、日産の次長、部長を経て再びニスモへ転籍。2004年~2015年ニッサン系レーシングチームの総監督を務めルマン24時間レース総合3位、スーパーGTのシリーズチャンピオン獲得率5割の実績を残す。この間2008年から東海大学工学部教授も兼務し、日本自動車連盟や自動車技術会でモータースポーツ行政に関わる要職にも就いた。2008年にニスモ常務取締役を退任しスーパーバイザーを経て現在アンバサダーを務める。

先行予約受付中!

※こちらの商品は予約商品です。商品の発送は発売日より順次行います。
※他商品と同時購入(予約商品同士の組み合わせも含みます)の場合は、同一梱包にて、もっとも発売日の遅い商品に合わせての発送となりますのでご注意ください。
※発売日の違う予約商品を複数ご注文される場合は、必ずそれぞれを個別に注文して頂けますようお願いいたします。
(同じカートに入れた場合は、発売日の遅い商品に合わせての同一発送となります)

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD