トップ > モータースポーツ > SUPER GT FILE - スーパー GT ファイル - > SUPER GT file 2019 Special Edition

SUPER GT FILE - スーパー GT ファイル -
SUPER GT file 2019 Special Edition

2019.05.02
不定期刊
定価1222円 (本体価格1111円)

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

バックナンバー

SUPER GT file 2021 Special Edition
SUPER GT FILE - スーパー GT ファイル -

一冊丸ごと
つちやエンジニアリング大特集

SUPER GT FILE Ver.7
SUPER GT FILE - スーパー GT ファイル -

GRスープラがシェイクダウン。これまでとは違う方向性の開発がなされているようだ。

SUPER GT FILE - スーパー GT ファイル -
SUPER GT file 2019 Special Edition
世界で最も複雑で熱いモータースポーツ
SUPER GTを牽引してきたKING本山哲引退特集・特別版

1994年JGTCとしてスタート、その後、インターナショナルレースとして名称を変更、成長を続けてきたスーパーGT。ファンの支持に後押しされ、自動車メーカーが力を入れるようになりレース内容が濃くなった2000年代にトップドライバーとして君臨し続けたのが本山哲である。
その本山が2018年シーズンをもってスーパーGT・GT500クラスから引退することを発表した。そこで彼の功績を改めて振り返る特集本を企画した。ニッサンの顔として、ワークスドライバーの代名詞のような存在であった彼が背負ったものは何だったのか? ここにスポットを当て、本山がチャンピオンに導いた3台の開発過程を明らかにする。当時では聞くことができなかった、見ることができなかったエンジニアの創意工夫を紹介。開発現場での本山についても語ってもらう。
また多くを語らない本山の仕事ぶりを担当エンジニア、チーフメカニックが回想する。師弟ドライバー座談会では、本山の本音、仕事を離れた「素顔」に迫った。

CHAMPIONS 本山哲が背負ったゼッケン23

2003 #23 XANAVI NISMO GT-R「歴史的転換点に輝いた"R"の記念碑。」
2004 #1 XANAVI NISMO Z「現代への礎、2シーターキャビンの僥倖。」
2008 #23 XANAVI NISMO GT-R「系譜を継いで昇華した次世代シャシー。」

闘将・柿元邦彦の本山論
本山/星野一樹/安田裕信 師弟スナック放談
「どたばたしているとミラーでばればれ」08エンジニア&チーフメカが語る本山
本山哲 記憶に残る10ベストバトル
原点探訪「秋ヶ瀬物語」ほか

特別付録 03GT-R /04Z/08GT-R チャンピオンマシンポスター(A1変形サイズ)

関連商品
auto sport 臨時増刊
2021 F1全チーム&マシン完全ガイド

見届けろ 角田の始動とホンダの集大成

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド