トップ > モータースポーツ > F1速報 > 2020年 第11戦 アイフェルGP

F1速報
2020年 第11戦 アイフェルGP

2020.10.15
毎レース4日後
定価680円 (本体価格618円)
ISBN:4910211251008

カートに入れる

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

2020年 第11戦 アイフェルGP
= 税込1,000円以上購入で送料無料 = 三栄オフィシャル通販

10月2日、本田技研工業(株)は2021年限りでのF1活動休止を発表。
その翌週にドイツ・ニュルブルクリンクで開催されたアイフェルGPは衝撃に包まれたグランプリではポールポジションのバルテリ・ボッタスの脱落によりルイス・ハミルトンがミハエル・シューマッハーの最多優勝記録に並ぶ91勝目をマーク。
しかし、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが意地を見せ最終ラップにファステストタイムを記録し、最後まであきらめず戦うメッセージを示した。

F1活動休止の報を受け、最後まで全力で戦う意志を見せたホンダ陣営

ホンダF1活動休止の報に揺れたニュルブルクリンクで田辺豊治テクニカルディレクターは、現場スタッフに2021年最後のレースまで全力で戦う決意を表明。その言葉通り、レッドブルのフェルスタッペンは予選でポールポジション争いを演じ、レースでもファステストラップをマークした。1戦ごとに最強王者との差を縮めているレッドブル&フェルスタッペンの奮闘を振り返る。

史上最多勝タイのV91を達成したハミルトン。その盤石のレース展開

記録更新からのプレッシャーか、ニュルブルクリンクのハミルトンは予選でバルテリ・ボッタスに敗れ、決勝序盤も2番手を慎重にレースを進めていた。しかし13周目、ボッタスのワンミスに乗じトップに立つと、食い下がるフェルスタッペンを寄せつけず、終盤のセーフティカーからの再スタートでも横綱相撲でキャリア91勝目を成し遂げた。最多王者記録7回にも近づく大きな1勝を再検証。

ホンダF1活動終了宣言の真意とは? モータースポーツ総責任者に直撃

F1ファンにとって衝撃的だったホンダの2021年限りでのF1活動休止。F1もカーボンニュートラルを目指す指針を出したなかでの「2050年カーボンフリーを目指すためのリソース見直し」とはどういった意味を持つのか? また22年以降F1関連の施設、プログラムをどうするのか? 本田技研工業(株)の渡辺康治ブランドマーケティング本部長兼広報部長に、直撃インタビューを敢行した。

関連商品
GP Car Story
GP CAR STORY Vol.33 Tyrrell 020

<中嶋悟×森脇基恭 史上初の誌面対談>

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド