トップ > クルマ > 福野礼一郎 著作 > 福野 礼一郎のクルマ論評 5

福野礼一郎 著作
福野 礼一郎のクルマ論評 5

2020.10.16
不定期刊
定価1980円 (本体価格1800円)
ISBN:9784779642289

カートに入れる

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

バックナンバー

福野 礼一郎のクルマ論評 4
福野礼一郎 著作

いいクルマ、読まずに買えるか

人とものの讃歌 2
福野礼一郎 著作

日本刀からサクソフォンまでの38章

福野礼一郎 著作
福野 礼一郎のクルマ論評 5
= 税込1,000円以上購入で送料無料 = 三栄オフィシャル通販

進むも難解、引くも難解

よくもわるくも、新型車

『なんだかだんだんと感銘の念が押し寄せてきた』
--マツダ3

『このパワートレインはいい。これはいい。気に入った』
--ダイハツ・タント

『ゴルフVⅡってこんなだっけ。こんなだったかな』
--フォルクスワーゲン・ゴルフ

『リヤ席は気に入った。乗るならリヤである』
--メルセデス・ベンツ・Sクーペ

『いやいやいやいや、どうなってんだこれ』
--DS3クロスバック

『ははは。その気になれば一瞬で追いつけますね』
--テスラ・モデル3

『「理論の騒音」が「不条理の騒音」に勝っている』
--ダイハツ・ロッキー

『こういうの聞いてると期待高まるでしょ?高まります』
--トヨタ・ヤリス

『「常に誰かがいてアクセル全開にさせてくれない」感じ』
--ホンダ・アコード

『完成の域に達したモデル末期のクルマに試乗している雰囲気』
--BMW・1シリーズ

関連商品
ゲンロク
2020年12月号

【FERRARI’S NEW ERA】
フェラーリの誘惑

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド