トップ > 実用・ガイド > 時空旅人  > 2022年5月号 Vol.67

時空旅人 
2022年5月号 Vol.67

2022.03.26
不定期刊
定価980円 (本体価格891円)
ISBN:4910052650527

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

バックナンバー

2022年11月号 Vol.70
時空旅人 

古代倭と加耶。

2022年9月号 Vol.69
時空旅人 

“呪い”ではない“祈り”としての呪術の真実

2022年7月号 Vol.68
時空旅人 

元寇 蒙古襲来と鎌倉武士

2022年5月号 Vol.67
= 税込1,000円以上購入で送料無料 = 三栄オフィシャル通販

時空を旅するように 歴史、文化を紐解く雑誌

歴史、文化を紐解く「時空旅人」は、世の関心が高いテーマを、思いきった切り口で紹介します。丸ごと1冊使ってワンテーマを大特集。わかりやすい解説とビジュアルで表現します。

琉球 遥かなる王国

沖縄復帰50年! 東アジアを駆けた王国史

令和4年(2022)、沖縄は復帰50年という節目を迎える。
東京国立博物館・九州国立博物館では特別展「琉球」の開催を予定しており、ますます注目を集めていくだろう。
なぜ沖縄は日本にありながら、独自性を帯びているのか。
さまざまな伝説が伝わる開闢神話、美しいラグーンで魚を獲り暮らした古代、そして有力者が乱立した三山時代、 国際的な交易の中継地として繁栄した統一王朝とは。

また、最高権威を誇った女性神官、聞得大君に注目したコラムや源為朝伝説。
現代版組踊「肝高の阿麻和利」、首里琉染、やちむんの里と壺屋焼の取材。
特撮番組「ウルトラマン」を生んだ脚本家、金城哲夫の思いを紹介する。

燦々と降り注ぐ日差し、充満する熱気、海を渡る風――。
万国の架け橋としてアジア交易を担い、宝物で満ちた蓬莱島。
神の世から人の世へ、現代に至る激動の軌跡をたどり、遙かなる歴史に思いを馳せたい。

【琉球歴史ろまん紀行】
琉球神話とアマミキヨ伝説
聖地・斎場御嶽
港川人とガンガラ―の谷
今帰仁城と三山時代
浦添ようどれの英祖王と尚寧王
琉球王国の誕生と冊封使
護佐丸・阿麻和利の乱
大交易時代と首里王府
伝統芸能エイサー
島津侵攻と徳川家康
ペリー上陸と沖縄の始まり
貿易港・那覇を歩く
ひめゆり学徒隊、平和への思い

琉球王国と首里城
文/高良倉吉(琉球大学名誉教授)

故郷、沖縄へ
文/知花くらら(モデル、エッセイスト)

中高生たちが躍動する
現代版組踊「肝髙の阿麻和利」

特撮番組に込めた脚本家の思い
金城哲夫資料館

読者プレゼント
東京国立博物館特別展「琉球」無料観戦券 5組10名様

関連商品
サンエイ新書
経済戦争としての本能寺の変

経済戦争としての本能寺の変

男の隠れ家 その他
ヨコザワテッパン ポケット

ヨコザワテッパン × 男の隠れ家

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド