トップ > クルマ > 福野礼一郎 著作 > 福野礼一郎 スポーツカー論

福野礼一郎 著作
福野礼一郎 スポーツカー論

2022.05.24
不定期刊
定価2640円 (本体価格2400円)
ISBN:9784779646188

カートに入れる

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

バックナンバー

福野 礼一郎のクルマ論評 6
福野礼一郎 著作

コロナ禍2年目のクルマたち

クルマの教室
福野礼一郎 著作

現役/OBの自動車メーカー設計者から
福野礼一郎がクルマの真相を聞き出す

福野礼一郎 著作
福野礼一郎 スポーツカー論
「天使のサイクル」とはなにか。
「スポーツカーの勲章」とはなにか。
福野節20年ぶりの炸裂、
再びいまスポーツカーを語る。

<著者紹介>
東京都生まれ。自動車評論家。自動車の特質を慣例や風評に頼らず、材質や構造から冷静に分析し論評。自動車に限らない領域に対する旺盛な知識欲が綿密な取材を呼び、積み重ねてきた経験と相乗し、独自の世界を築くに至っている。著書は「クルマはかくして作られる」(二玄社、カーグラフィック)、「人とものの賛歌」(三栄)、「クルマ論評」(三栄)など多数。

GENROQ連載企画、初単行本化

5月27日(金)午後8時~『福野礼一郎スポーツカー論』刊行記念スペシャルオンライントークライブ開催決定!

イベントの詳細はこちら
https://fanmeetingstudio.com/?pid=168171716


※こちらのイベントにお申し込みの方は福野氏のサイン入り本をお求めいただけます。
※上記以外でご注文の場合はサインは入りませんのでご注意ください。




メーカ・エンジニアの全面的バックアップを得てスポーツカーの物理にカムバックしてきた福野礼一郎が、夜の東京をスポーツカーで走りながら、傑作スポーツカーを作る物理の方程式と「天使のサイクル」を解説する。

CONTENTS

「スポーツカーの勲章」とは何か ケータハム・セブン160
すべてを決するのはバランスだ アルピーヌA110
最上フィーリングの謎を解く マクラーレン540C
ジャークの秘密 テスラ・モデルS
操縦性や乗り心地やドライバビリティを生む理由 ジャガーFタイプ
大型ファンの秘密とは GMA T.50予想
なぜミド化に踏み切ったのか シボレー・コルベットC8分析
スポーツカーの理想を考える ポルシェ718ボクスター
RRかミドか。スポーツカーの正義 ポルシェ911
カッコいいとは何か マツダ・ロードスター
なぜ1トンの奇跡は実現できたのか GMA T.50分析

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド