トップ > 実用・ガイド > 時空旅人ベストシリーズ > 大人が読みたい正史 三国志
〜川本喜八郎、人形に魂を込めて〜

時空旅人ベストシリーズ
大人が読みたい正史 三国志
〜川本喜八郎、人形に魂を込めて〜

2022.06.02
不定期刊
定価1200円 (本体価格1091円)
ISBN:9784779646171

カートに入れる

電子書籍を買う

Amazonで買う

セブンネットで買う

大人が読みたい正史 三国志
〜川本喜八郎、人形に魂を込めて〜
= 税込1,000円以上購入で送料無料 = 三栄オフィシャル通販

吉川英治による小説や横山光輝の漫画、そして川本喜八郎の人形劇などそれぞれの分野の作家たちが、思いの丈を込めて描き出してきた『三国志 』の世界。なぜ、私たちは1800年という時を超えて、なおこの物語に魅了され続けるのだろうか。
諸葛孔明や曹操、劉備、関羽、張飛......理想と現実の間で、信念のもと駆け抜けた英雄たちの生き様は、 時として挫けそうになる私たちの心を支え、そして前へ前へと突き動かしてくれる。
今回は人形美術家・川本喜八郎が残した数々の人形を眺めながら三国志を紐解きたい。第一章、三国志の時代は後漢末期の混乱から始まっていた。
群雄割拠のなかで登場したのが、後に魏・蜀・呉の祖となる曹操と劉備、孫権をはじめとした英雄たちだった。
続く、第二章。
曹氏の魏、劉氏の蜀、孫氏の呉とそれぞれが皇帝を名乗る三国鼎立の時代へと突入する。
しかし多くの英雄は、 志半ばで次々と世を去る。
そして登場したのが司馬氏である
ルポページの再掲載も実現。
曹操や孫権のような経済基盤を持たず、ゼロからの出発で蜀の皇帝に登りつめた劉備。
彼こそ三国志の真の主役である。
その劉備を支え、導いた諸葛亮も史上稀なる忠臣。
ふたりが苦心の末に築き上げた夢舞台を見ていきたい。
時代を超えて愛される大きなテーマに、改めて向き合いたい。

CONTENTS

1 表紙
4 目次
6 人形アニメーションに情熱を燃やした作家 川本喜八郎に捧ぐ
14 Special Interview 人形アニメーション作家 細川 晋
16 連載開始50周年!横山光輝『三国志』
20 大人が読みたい正史 三国志川本喜八郎、人形に魂を込めて
23 第一章 正史から読み解く三国志 英雄黎明編
24  【巻頭コラム】 読む前に理解しておきたい!『三国志』と『三国志演義』の違いとは?
26  【序章】はじめに漢ありき──
28  155-192年 漢の“忠臣”曹操の誕生と旗揚げ
34  196-207年 献帝を救い中原を制す
38  184-208年 劉備の登場
42  190-208年 孫呉の成り立ち
46  COLUMN “天下三分”は誰のアイデアだったのか?
48  208年8月-12月 赤壁の戦い、その顛末
52  209-215年 潼関の戦い
56  COLUMN 英雄が愛した可憐なる3人の良妻
60 【特別グラビア】川本喜八郎人形の世界 劉備
61 【時空座談会】「人形劇 三国志」と川本喜八郎の記憶を継ぐ人々
66 三国志の時代[略年表]
67 第二章 魏・蜀・呉の勃興から滅亡まで 三国死闘編
68  208-253年 甘寧の胆、張遼の武
70  219年1月-5月 劉備、漢中に立つ
72  219年 荊州争奪戦
76  220年 遺言に見る曹操の想い
80  220-226年 曹魏の全盛と衰退
82  221年-223年 劉備、最後の言葉の真意
84  228-234年 諸葛亮の野望と限界
88  252年 孫権、暴虐の晩年
92  238-280年 司馬懿の偉業
96  歴史家・陳寿の謎めいた生涯と“三国志”に込めた想い
99 【ルポルタージュ】益州・成都の夢舞台
108 京劇の中で演じられる三国志の世界
110 シブサワ・コウ氏が語る「三國志」シリーズ三十年史
114 鈴木亮浩プロデューサーが語る『真・三國無双』とゲーム作りへの情熱
118 大陸から見た倭という島国とは? 『三国志』と『日本書紀』
122 厳選グッズ通販 時空旅人SELECT SHOP
128 男の隠れ場ベストシリーズ 告知
130 奥付

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド