トップ > モータースポーツ > 日本の名レース100選 > '94 インターTEC

日本の名レース100選
'94 インターTEC

2007.08.25
不定期刊
定価1008円 (本体価格933円)
ISBN:9784779601996

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

'94 インターTEC
1994.10.30'94 第10回インターテック富士スピードウェイ

一瞬のフォト・アルバム  当って砕けろ

close up 今だから語ろう  13年目の真実/関谷正徳

line up 戦士、列を成す  出走全車総覧

文字が歴史を語り継ぐ  レースレポート

真実はデータに詰って  リザルト&詳細データ

turn up 最速へのアプロ-チ 詳細記/熊野学のメカニズムリサーチ

fight up 栄光に向かって 印象記1/タイトル決定までの軌跡

show up 処理の方程式を探る 印象記2/コロナの速さの秘密

warm up 追い風に乗って 印象記3/95JTCCの動向

fess up 戦いを終えて 印象記4/主要チームに聞く20の質問

keep up 参戦を続けるために 印象記5/プライベートチームの総決算

follow up 脇役あっての主役なり サポートイベント FT/VWゴルフ/ザウルス/F100

サーキットは生きている 富士コース図

touch up 過去は現在を経て未来へと続く  この一戦を読み解くキーポイント

back up 時代はこうだった  世相1994年

speak up 来た・見た・感じた  リレー・コラム

buy up もっと知りたい感じたい  関連グッズ紹介

make up その日、興奮をめくった  公式プログラム抜粋

「'94 インターテック」

新生JTCC、奇跡の逆転劇 ―内外精鋭2L4ドアセダン30台余の攻防

 クラス2(2L自然吸気エンジン/4ドア)車両でツーリングカーの全日本選手権が争われた初年度の最終戦。の星野一義(日産プリメーラ)が第1レースを制したかと思えば、HKSパワー炸裂のアンソニー・リード(オペルベクトラ)が29台ゴボウ抜きの2位。タイトル争いの行方も二転三転の混沌で迎えた第2レースでは、アンソニー・リードにの関谷正徳(トヨタコロナ)がからむ。様々な思惑を含んで大混戦となった第10回インターテックは、短距離戦ゆえの熱い戦いが随所に展開した。

関連商品
F1 RACING
2012年2月号

ジャックが語る父の思い出 GILLES VILLENEUVE

MS-models
vol.9

愛すべき日産、レースでの系譜

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド