トップ > モータースポーツ > 日本の名レース100選 > '94 F1パシフィックGP

日本の名レース100選
'94 F1パシフィックGP

2007.04.25
不定期刊
定価1026円 (本体価格933円)
ISBN:9784779601910

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

'94 F1パシフィックGP
1994.4.17'94 F1パシフィックGPTIサーキット英田

wake up 一瞬のフォト・アルバム  緑萌え、空蒼し

今だから語ろう  13年目の真実/田中 肇

line up 戦士、列を成す  出走全車総覧

真実はデータに詰まって  リザルト&詳細データ

write up 文字が歴史を語り継ぐ  レースレポート

catch up 時の人、時の言葉を発す  インタビュー 片山右京

come up 新たな可能性に向けて  参戦記/鈴木亜久里

bring up F1サーキットに求めるもの  参戦記/デイモン・ヒル

put up リハビリに耐えて  番外記/ジャン・アレジ

count up 14通りのレース事情  印象記

build up サーキットは生きている  TIサーキット英田コース図

touch up 過去は現在を経て未来へと続く  この一戦を読み解くキーポイント

back up 時代はこうだった  世相1994年

speak up 来た・見た・感じた  リレー・コラム

buy up もっと知りたい感じたい  関連グッズ紹介

make up その日、興奮をめくった  公式プログラム抜粋

「'94 F1パシフィックGP」

我が国3番目のF1GP、岡山に登場―セナからシューマッハへの世代交代

我が国3番目のF1日本GPが、岡山(TIサーキット英田)に上陸した。決勝レース、フロントロウから勢い良く飛び出したミハエル・シューマッハー。対するアイルトン・セナは1コーナーであっけない幕切れを迎えた。セナの勝利を信じて英田の里につめかけたファンの期待に、セナは応えることができなかった。これでシューマッハーは2連勝。世代交代を印象付けた1戦であった。

関連商品
F1 RACING
2012年2月号

ジャックが語る父の思い出 GILLES VILLENEUVE

MS-models
vol.9

愛すべき日産、レースでの系譜

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド