トップ > スポーツ > SUPER BOAT MAGAZINE マクール > 2010年6月号

SUPER BOAT MAGAZINE マクール
2010年6月号

2010.05.11
毎月11日
定価734円 (本体価格667円)

SOLD OUT

定期購読する

バックナンバー

2021年10月号
SUPER BOAT MAGAZINE マクール

昔も今も、ボートの中心は九州ばい!!

2021年9月号
SUPER BOAT MAGAZINE マクール

シブい40代戦士を追え!!

2021年8月号
SUPER BOAT MAGAZINE マクール

ボートレースにしかない
1日「2回乗り」の考察

2010年6月号
気持ちイイ競艇季節到来!! 携帯マクールも特設サイト増加でさらに充実!!

Special1 「全場減音機時代」は目の前!!

競艇のエンジンは、ここ数年で一気に全場で減音機導入へと進んでいる。従来の吸気サイレンサーをつけた減音機に加えて、新たに開発された大型吸気サイレンサー(通称:デカカバー)導入場も増えている。

減音機化への歩みや、標準・減音・デカカバーの構造や機能面での違い、さらに舟券作戦と見どころ満載。これさえ読めば、減音機のことが丸わかりだ!!

Special Interview 毒島誠(群馬)

浜名湖新鋭王座で新田雄史との死闘を制しGⅠ初V。そのレースを振り返ると、「2Mは新人のターンですよね」と。

このレースで得たものとは?

そして初めて臨むSG笹川賞への意気込み、10月地元で行われるダービー出場へ向けての気持ちをじっくり語ってくれた。

Special2 第37回 笹川賞

1月新鋭王座で沸いた浜名湖に、今度は競艇界の人気者たちが集結する。

昨今は新旧の入れ替わりが激しいが、上位陣の顔ぶれは堅固そのもの。先の総理大臣杯では山口剛が86期以降で初のSG覇者に輝いたが、ここでも銘柄級を破る選手は現われるだろうか!?

本誌を熟読して笹川賞を勝て!!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド