トップ > モータースポーツ > F1全史 > F1全史 第10集 1996―2000

F1全史
F1全史 第10集 1996―2000

2001.03.01
定価4840円 (本体価格4400円)
ISBN:4891070730

カートに入れる

電子書籍を買う

F1全史
F1全史 第10集 1996―2000
20世紀最後の5年間、1996年から2000年までを特集した第10集。フェラーリ再建を託されたミハエル・シューマッハーと、史上初の親子二代チャンピオンとなったデイモン・ヒル、CARTから鳴り物入りでF1にやってきたジャック・ビルヌーブ、そしてF3時代からの最大のライバル、ミカ・ハッキネンらが死闘を演じました。天才シューマッハーをしても頂点に上り詰めるのに5年の歳月を要した事実が、いかに激しい時代だったかを物語っています。また、ブリヂストンが参戦し、グッドイヤーが撤退した他、ホンダとBMWの復帰、フォードの本格的参入など、世界の自動車メーカーが相次いで参戦を表明し、F1が新たな時代を迎えつつあることを示唆した時代でもありました。

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド