トップ > クルマ > ゲンロク > 2013年2月号

ゲンロク
2013年2月号

2012.12.26
毎月26日
定価885円 (本体価格819円)
ISBN:4910136370235

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

バックナンバー

2019年10月号
ゲンロク

新型ポルシェ911徹底検証

2019年9月号
ゲンロク

【World of Ferrari & McLaren】

2013年2月号
DEBUT
[C7、誕生への序章] シボレー・コルベット・プロトタイプ
[初公開! 991型] ポルシェ 911 GT3 カップ

NOT 911, Hot Porsche!
[理想と現実] ケイマンS × カレラ6(Type906)
[スポーツの双璧] ボクスター × ロータス・エリーゼS
[最高峰の真価] カイエンGTS × BMW X5 M
[驚速サルーン] パナメーラ ターボSスーパーテスト

CLOSE-UP! 魅惑のクルマたち。
[狭間の境地] マセラティ・グラントゥーリズモ・スポーツ
[ニュル番外編] ニッサンGT-R MY2013 密着取材
[職人集団の40年] BMW M 40周年記念イベント
[英国ツアー後編] ラディカルSR3 SL

NEXT POWER
[メイド・インUKの結晶] インフィニティ・エマージ
[先駆者の第二弾] テスラ・モデルS
[理想のハイブリッド] シトロエンDS5ハイブリッド4
[月刊EVニュース] スマート・フォーツー・エレクトリックドライブ、他

WINTER TEST 4マチック、一気試乗。
GL500 4マチック ブルーエフィシェンシー
CLS500 4マチック ブルーエフィシェンシー シューティングブレーク
GLK350 4マチック ブルーエフィシェンシー

NEW CAR IMPRESSION
ランドローバー・フリーランダー2/クライスラー300/イプシロン/シトロエンDS4/プジョー208/VWクロストゥーラン/VWティグアン/ボルボV60T6 AWD/メルセデス・ベンツS350グランドエディション/MINI インスパイヤード・グッドウッド

VINTAGE EVENT
[ラリーストへの福音] アルペンクラシックカーラリー
[ラリーの醍醐味] ラリーニッポン2012
[今シーズンの最終章] スーパーカーラリーチャレンジ2012
[東京旧車散歩] 5a コッパディ東京2012

[松田美由紀 The Scene] 小錦八十吉 × メルセデス・ベンツG63 AMG
[The Watch] 絶対フォーマル主義。
[匠の温度] 最終回 時計師 塩原研治
[TOPIC] ロールス・ロイス  アール・デコ・コレクション
[INTERVIEW] ヴォルフガング・デュルハイマー
[SCOOP] ポルシェ960
[SCOOPE IMPRESSION] メルセデス・ベンツ CLA
[ロングタームレポート] ポルシェ997ターボ/アルテガGT/メガーヌRS/レンジローバー・イヴォーク/VWゴルフ
[Check it up!] 厳選パーツテスト
[LIFE] ドライビングシューズ
[Watching] ミュゼ・リシャール・ミル
[GENROQ太郎のお喋り工房] 第76回 ゴルフレッスン編
[哲也レ―シング] 最終回 モーターホーム
[リ・スタート] 最終回 「未来へ」
[It’s a carbon time!] LESSON12 修学旅行その3 パガーニ続編
[福野礼一郎の昭和元録ユニヴァース] 第10話 ケンとメリー
[NEW!] ニュース/インフォメーション/新製品
[CONTEST] フェラーリ・テクニシャン・チャレンジ2012
And more!

Virtual Battle 2013年ハイブリッド対決!

[完全予測] フェラーリ・スペチアーレ × マクラーレンP1 × ポルシェ918スパイダー
火蓋を切ったのは、紛れもないポルシェである。それを予測していたかのように追ったのがフェラーリである。そして秘めたる野心を燃やして挑むことにしたのがマクラーレンである。2013年を皮切りに、この三大対決が勃発するのは間違いない。言うまでもなく、いずれもハイブリッド・スーパースポーツカーだ。そう、これはまさに第四次スーパーカーブームとなるだろう。ここではこれまで得た情報を整理し、最新スクープを交えて完全予測!新世代の“エコロジー”スーパースポーツカーの実情に迫る。

THE MONSTERS

超弩級の威圧的なボディフォルムと、刹那的なパフォーマンスで武装する、まさに狂気を纏った突き抜けた存在——ザ・モンスターズ。時代はエコ全盛期、スーパースポーツでさえ洗練の熟成期を迎えるなか、確かに前時代的な絶滅危惧種の主義主張はマイノリティかもしれない。しかし現代のクルマが失ってしまった刺激と官能がそこにはある。まずは狂暴なるアメリカンスポーツの唯一無二、毒蛇の最新に触れた。
[狂暴なる野獣] SRTヴァイパー&GTS
[熱狂のキング] RUF CTR3 クラブスポーツ
[恍惚の狂喜] SALEEN S7 R
[最速の最狂] HKS R35 GT1000

NEW STYLISH SALOON

この日をどれだけ待っただろうか……。実に10年来となる新型クアトロポルテのステアリングを握った時、過去の良き印象を思い出させつつも、最新の完成度に感動を覚えた。それはまさに継承と革新。その双方の内容をお伝えしたい。
[初試乗] マセラティ・クアトロポルテ
[新型“S”のフィロソフィ] メルセデス・ベンツSクラス
[最適解は2リッター?] ジャガーXJ & XF
[3000kmロングラン] BMWアクティブハイブリッド7
[美しき強者] BMW M6 グランクーペ

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド