トップ > クルマ > モーターファン別冊 インポートシリーズ > アルファロメオ・ジュリエッタのすべて

モーターファン別冊 インポートシリーズ
アルファロメオ・ジュリエッタのすべて

2012.02.24
不定期刊
定価700円 (本体価格648円)
ISBN:9784779614262

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

モーターファン別冊 インポートシリーズ
アルファロメオ・ジュリエッタのすべて
ミトに続く新世代アルファロメオが、ジュリエッタだ。

147の後継として欧州Cセグメントに属するモデルらしく、室内の居住性や使い勝手はライバル同等レベルを確保。しかし、そのデザインはアルファロメオならでは。フロントフェイスにはミト、そして8Cコンペティツィオーネに通じるテイストが与えられているが、特徴的なテールライトを持つリヤビューが、ブランニューモデルであることを主張する。

パワートレーンには、最先端技術が惜しみなく投入されている。エンジンは1.4Lターボ、または1.75Lターボを用意。後者はフラッグシップとなる『クアドリフォリオヴェルデ』(6MTのみ)に搭載されるもので、伝統の排気量を与えられ、235psをマークする。前者はミトなどとも共通のアルファロメオ最新のエンジンで、アイドリングストップ装置も備えられ、170psというパワーと低燃費を両立。さらにツインクラッチ式2ペダルトランスミッションも搭載されるなど、乗り手を選ばない。

本国でのセールスは好調で、ここ日本でも発売と同時期に特別仕様車が投入されるなど、力が入っている。2013年登場の4Cへ繋がる戦略モデルとして、アルファロメオの総力が注ぎ込まれた。

アルファロメオ伝統の名を冠して登場! 1.4Lエンジン+アルファTCT搭載で、スポーティな魅力十分

関連商品
ゲンロク
2019年10月号

新型ポルシェ911徹底検証

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド