トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > 新型レクサスGS のすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
新型レクサスGS のすべて

2012.04.17
不定期刊
特別定価494円 (特別本体価格457円)
ISBN:9784779614026

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

新型レクサスGS のすべて
ハイブリッドをスポーティな最上級グレードと位置付け、ブランド戦略の核とするレクサス。その先鞭をつけたGSが、新たな局面を切り開くフルモデルチェンジを果たした。さらに乗りやすく、燃費良く、各部のブラッシュアップに余念はない。



先代GSが姿を現したのは、日本でレクサスがスタートするのと同時だった。あれから約7年。GSは日本でのレクサス車として初めて第二世代に進化。そこに盛り込まれているのは、次の世代のレクサスを先取りする要素である。

たとえば強い個性を明確に打ち出すスピンドルグリルは、GSから始まる新しいアイコンとして今後のレクサス車に広く波及していく予定。ブランドをより強固にしていくという明確な目的が込められたものだ。

エンジンの変更もトピックのひとつ。従来は4・6LのV8と3・5LのV6が用意されていたが、新型はV8を廃止。3・5Lに加えて新たに2・5LのV6を追加し、ダウンサイジングの流れに対応している。

インパネまわりも次世代の色が濃い。ハイライトは12・3インチワイドという世界最大サイズのディスプレイで、ナビと他のメニューを同時に表示する状況でも地図表示サイズが大きく保たれるのが特徴だ。

GSといえば、レクサスハイブリッドの先駆者でもある。エンジンは全面改良されアトキンソンサイクルとなり、燃費は従来型に対して約42%改善。それだけに留まらず、パワーの立ち上がり方を綿密にチューニングしてV8エンジンのような加速感を身につけるなど、感性面での進化も見逃せない。そして、バッテリー配置の最適化によりラゲッジルームも大幅に拡大されている。

ガソリン車もハイブリッド車も、その進化の大きさと緻密さはさすがレクサスと思わせるのに十分なもの。ついに、次世代レクサスの幕が開けたのである。

スピンドルグリル採用の新世代レクサス! ハイブリッド&ガソリン車それぞれに、スポーツ仕様“F SPORT”をラインナップし、官能的な走りを

試乗記

使い勝手チェック

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド