トップ > 実用・ガイド > 時空旅人  > 男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.12 「新島八重から見る 幕末と明治」

時空旅人 
男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.12 「新島八重から見る 幕末と明治」

2013.01.25
不定期刊
定価817円 (本体価格743円)
ISBN:4910087700334

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

バックナンバー

2022年11月号 Vol.70
時空旅人 

古代倭と加耶。

2022年9月号 Vol.69
時空旅人 

“呪い”ではない“祈り”としての呪術の真実

2022年7月号 Vol.68
時空旅人 

元寇 蒙古襲来と鎌倉武士

男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.12 「新島八重から見る 幕末と明治」
2    四季うらら わたしの歳時記 第三回
「豆をまくたびに土の香 陽光溢れる季節到来を感じた」 文◎野田伊豆守 

6 NHK大河ドラマ『八重の桜』 激動の時代に逞しく生きる女の物語

8     動乱を経て維新の時代へ
   新島八重から見る幕末と明治
10 女たちの会津戦争 文◎星亮一
激動の時代を駆け抜けた幕末のジャンヌ・ダルク
13 新島八重が生きた
時代とふたつの人生
新島八重の生涯「会津」
14 救世主たるべく奮戦した
若き乙女の籠城戦
新島八重の生涯「京都」
22 教育者、篤志看護婦として
歩んだ第二の人生
会津人気質に触れる旅
31 新島八重を育んだ
福島・会津を歩く
世界へのトビラが開かれ近代国家へと歩む時代
51 幕末と明治期の
光と影、そして戦い


第1章
世界につながる
扉が開かれた幕末15年史
一七七八~一八五三

52 迫り来る列強の脅威と黒船来航の激震
一八四八~一八六三
54 萌芽した独自の富国強兵策と近代化の嵐
一八五八~一八六四
56 国際社会の荒波に揉まれて難破寸前の日本丸
一八六三~一八六八
58 世情は一気に倒幕気運へ舵を切る
一八六七~一八六九
60 国内を二分する戊辰戦争がついに開戦


第2章
新政府による改革で
聞こえた近代国家の産声
一八六八~一八七一

62 内戦を戦いながらも進んだ
新生日本の骨子作り
一八七一~一八七三
64 どん欲に先進国の国家制度を導入
一八七一〜一八七五
66 権力闘争の末に薩摩の巨頭も対立
一八七三~一八七六
68 くすぶる不満と大久保利通の独断
一八七七
70 維新の巨魁ついに起つ! 西南戦争勃発
南九州の士族反乱「西南戦争」
73 日本最後の内戦
その戦跡を往く


第3章
不平等関係を改善
近代国家へと変貌す
一八五三~一八九二

86 近代化と不平等条約撤廃の
難事業に挑む
一八七三~一八九〇
88 抵抗勢力を乗り越えて国会を開設
一八八一~一八八九
90 繰り返される暗殺の犠牲を経て
内閣発足と憲法発布
第4章
日本により塗り替えられた
東アジアの勢力地図
一八七五~一八九三
100 日本と清国の火薬庫と化した朝鮮半島
一八九四~一八九五
102 日清開戦。新興小国家が眠れる獅子に挑む
一八九五~一九〇三
104 勝利に冷や水を浴びせた
列強による圧力
一九〇四~一九〇五
106 西欧の超大国に有色人種が果敢に挑む
日露開戦
一九〇五~
110   日本を変えた人々の足跡
108 日露戦争の勝利がもたらした
大国日本への道


38 八重を巡る人々
44 高潔な武士道精神を育んだ
会津藩の思想と教育
80 国家を突き動かした
幕末明治の組織
92 近代日本の幕開け
文明開化は日本に何をもたらしたか

関連商品
サンエイ新書
経済戦争としての本能寺の変

経済戦争としての本能寺の変

男の隠れ家 その他
ヨコザワテッパン ポケット

ヨコザワテッパン × 男の隠れ家

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド