トップ > 実用・ガイド > 時空旅人  > 男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.15 「日本戦後史」~終わらない昭和~

時空旅人 
男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.15 「日本戦後史」~終わらない昭和~

2013.07.25
不定期刊
定価817円 (本体価格743円)
ISBN:4910087700938

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

バックナンバー

2022年11月号 Vol.70
時空旅人 

古代倭と加耶。

2022年9月号 Vol.69
時空旅人 

“呪い”ではない“祈り”としての呪術の真実

2022年7月号 Vol.68
時空旅人 

元寇 蒙古襲来と鎌倉武士

男の隠れ家特別編集 時空旅人 Vol.15 「日本戦後史」~終わらない昭和~
時空旅人vol.15 「日本戦後史」~終わらない昭和~


◇四季うらら わたしの歳時記 第六回
「夜空に浮かぶ月を愛でる。自然を畏れ共に生きる日本人の営み」 文◎野田伊豆守 

◇総論「国が大きく変動した時世 戦後とは何か?」

◇終わらない昭和 日本戦後史

■ 第一章
 戦争終結前に決められていた
 新たな世界秩序

・崩壊した絶対国防圏。特攻に頼る日本軍

・昭和20年(1945)2・4~2・11
 ソ連の対日参戦決定。和平の道は閉ざされた

・昭和20年(1945)2・19~3・26
 固有の領土である硫黄島で始まった死闘

・昭和20年(1945)4・1~6・23
 住民にも多大な犠牲が生じた沖縄地上戦

・昭和20年(1945)7・1~8・2
 三大国の我欲による世界分割の始まり

・昭和20年(1945)8・6~8・9
 そして人類最大の不幸、原子爆弾が投下された

・昭和20年(1945)8・10~9・2
 太平洋の砲火は止み、新たな時代が幕を開ける


■ 第二章
 日本人全員に科せられた
 復興への大きな試練

・昭和20年(1945)8・15~9・27
 ついにマッカーサーが日本の地を踏む

・昭和20年(1945)10・1~昭和21年(1946)5・1
 GHQの占領政策と民主主義の萌芽

・昭和21年(1946)4・22~5・22
 敏腕宰相の誕生で見えてきた、未来への道筋

・昭和20年(1945)9・11~昭和23年(1948)12・23
 勝者の論理がまかり通った東京裁判

・昭和20年(1945)10・4~昭和22年(1947)5・3
 日本国憲法制定までの紆余曲折の道のり

・昭和20年(1945)10・10~昭和22年(1947)4・30
 女性の参政権も認められ、変化する政治の世界

・昭和22年(1947)4・25~昭和23年(1948)10・15
 社会党中心の片山内閣は難題を抱えての船出

・昭和20年(1945)2・4~昭和24年(1949)10・31
 ヨーロッパからアジアにまで広がる東西冷戦

・昭和20年(1945)8・15~昭和24年(1949)10・1
 中華人民共和国成立で激変したアジア情勢

・昭和23年(1948)12・1~昭和25年(1950)6・6
 インフレ抑制策と共産主義者の公職追放]


■ 第三章
・東西陣営の対立による特需が
 日本経済を後押し

・昭和23年(1948)8・15~昭和25年(1950)12・31
 朝鮮半島で勃発したイデオロギー代理戦争

・昭和25年(1950)7・8〜12・31
 GHQによる占領方針の大転換、警察予備隊発足

・昭和25年(1950)7・8~昭和30年(1955)12・31
 朝鮮戦争による特需が相次ぎ、経済復興が急加速

・昭和26年(1951)7・31~昭和27年(1952)4・28
 日本は再び独立国として再出発を果たす

・昭和26年(1951)10・26~昭和27年(1952)8・14
 新たな問題を生み出した日本の主権回復

・昭和25年(1950)6・25~昭和30年(1955)12・31
 国民総生産や個人消費が戦前の最高水準に

・昭和25年(1950)6・25~昭和28年(1953)7・27
 朝鮮戦争休戦により、冷戦構造はさらに激化する

・昭和27年(1952)2・1~昭和29年(1954)7・1
 日米の相互防衛協定により保安隊は自衛隊へ

・昭和30年(1955)1・24~12・31
 55年体制により確立した、与野党対立の構図

・今もなお癒えることのない戦争の傷跡
 沖縄 68回目の夏


■ 第四章
 有史以来の好景気が始まり
 高度経済成長へ

・昭和27年(1952)4~昭和28年(1953)12
 講和条約の締結で経済も文化も世界の舞台へ 

・昭和30年(1955)3~昭和31年(1956)7
 日本が自信を回復した「もはや戦後ではない」という言葉

・昭和29年(1954)12~昭和45年(1970)7
 経済成長率、年10%以上、日本中が沸き立った

・昭和31年(1956)7~12
 ソ連との共同宣言に漕ぎ着け悲願の国際連合に加盟

・昭和37年(1962)10・14~10・28
 超大国同士の対立が激化、キューバ危機で大いに揺れた世界

・昭和35年(1960)1・16~6・19
 日米の思惑が一致した安保条約、改訂強行に国民は怒った

・昭和30年(1955)10~昭和58年(1978)12
 自民党がもたらした経済成長の光、政治不信の影

・昭和39年(1964)10・10〜10・24
 日本中が興奮した東京オリンピック開催

・昭和40年(1965)11~昭和48年(1973)11
 夢を追い、もっと豊かに、急速に変貌する国民生活

・激動の時代を生きた11人
 戦後日本を支えた先人たちの生涯

■ コラム
・現代も尾を引く領土の問題
 それはたった3人の男による
 密約から引き起こされた

・労働組合や共産党員が疑われた
 国鉄を舞台にして連続発生した
 不可解な未解決事件

・戦後の国民生活を影で支えた露店群
 闇市の発展と衰退

・沖縄県の27年間。終わることのなかった戦い
 置き去りにされてしまった沖縄
 現在まで続く悲劇の根源

・戦後の映画と名曲「りんごの唄」
 打ちひしがれた国民たちに
 希望を与えた芸能

・データから読み解く
 戦後日本の変遷

関連商品
サンエイ新書
経済戦争としての本能寺の変

経済戦争としての本能寺の変

男の隠れ家 その他
ヨコザワテッパン ポケット

ヨコザワテッパン × 男の隠れ家

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド