トップ > クルマ > Gワークス > 2014年1月号

Gワークス
2014年1月号

2013.11.21
毎月21日
定価596円 (本体価格552円)
ISBN:4910153750140

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

Amazonで買う

バックナンバー

2019年10月号
Gワークス

“車高”でスタイルを決める!
特別なスカイライン

2019年9月号
Gワークス

ワンオフパーツの愉しみ方
ミクニ4輪用キャブ

2019年8月号
Gワークス

個性的な“面(ツラ)”のクルマたち

2014年1月号
21世紀究極のクルマ改造本!!

みんな大好き 日産旧車!!

旧車で人気メーカーと言えばやはり日産。それは歴史やクルマ作り対する姿勢、そしてレースでの実績など魅力は数えられず、クルマ好きのハートを掴んでいます。今回はその中でも人気の箱スカやケンメリ等々選りすぐった車輌を紹介。当時を思い浮かべ、あの時代に戻れるツールでもあるこれらのクルマは、それだけ人気が高く数多くの人たちを魅了しています

ロンサムカーボーイをリフレッシュ

当時仕様という言葉はG-ワークスでは定番ですが、その中でも当時のカーオーディオの人気も衰えません。そこでも際立って人気なのがパイオニア・ロンサムカーボーイ。現在では数も少なく、市場に出れば高額で取引されほどのもの。今回はそのロンサムカーボーイを手に入れ、オーバーホール。中はどうなっているのか拝見しつつ、修理。現在でも通用するシステムに構築していき、レトロと現代を融合させる

初代ソアラGZ12を現代に乗る

ハイソカーブームの火付け役となった初代ソアラ。スポーツ性とラグジュアリーを上手く融合させたこのクルマは瞬く間に人気となりました。今回紹介するのは当時、憧れていたソアラに乗りたいと言う気持ちをずっと持っていた人が、当時流行ったチューニングを施し車体を1からピカピカに製作していったクルマの紹介。昔の夢を叶えつつ、現在の道路事情でも難なく走れるソアラを紹介していきます

● その他、FD3Sをウェーバーキャブ仕様にする!!、点火博士の電気通信講座、サンマルくん弐号機とキヨシくん、プライベーター百物語、旧車のメンテ、など今月号も一体どれくらいの期間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド