トップ > クルマ > Gワークス > 2014年2月号

Gワークス
2014年2月号

2013.12.21
毎月21日
特別定価648円 (特別本体価格600円)
ISBN:4910153750249

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

Amazonで買う

バックナンバー

2019年10月号
Gワークス

“車高”でスタイルを決める!
特別なスカイライン

2019年9月号
Gワークス

ワンオフパーツの愉しみ方
ミクニ4輪用キャブ

2019年8月号
Gワークス

個性的な“面(ツラ)”のクルマたち

2014年2月号
21世紀究極のクルマ改造本!!

車高短の世界観

カスタム/チューニングカーの世界ではどのジャンルでも車高を低くし、スタイルを決めているクルマが多いけど、シャコタンの元祖と言えばやっぱり旧車!!今回はシャコタンの美学を追究しつつ、主流の14インチから15インチでのシャコタンを提案し、本来の旧車の姿を追求しつつ現代のパーツを使い、乗り心地にも気を遣ったチューニング法などを紹介だ

レクサスV8 S30Z&RB30ケンメリに乗る

一つのジャンルとして確立している、旧車に現代のエンジンや快適装備を装着するチューニングカスタム法。そのパイオニア的存在なのが愛知・岡崎市にあるロッキーオート。今回はトヨタ・レクサスV8を搭載したS30Zと、RB30エンジンを搭載したケンメリ。どちらも仕上がりは素晴らしくまるでノーマルに載せられているような仕上がりと合わせ、チューンドらしい仕上がりも見せるクルマを石川編集長が斬る!!

素人板金一日で何処までできる?

素材の問題や年月の問題などと重なり、やはり旧車に腐りはつきもの。そのまま放置すれば確実に拡がっていくし、かといって先立つものもない…というユーザーのために素人(編集部員)が一日で何処まで出来るかをドキュメンタリーチックに紹介。特別なテクニックもない素人が、板金の本職に教わりながらその術も細かく紹介。朝から日が暮れるまでの時間を利用してどのような仕上がりになるか?そして腐りは修復できるのか?悩んでいるオーナーには必見の企画!!
● その他10Jオーバーの世界、仙台ドラッグレース、点火博士の電気通信講座、サンマルくん弐号機とキヨシくん、プライベーター百物語、旧車のメンテ、など今月号も一体どれくらいの期間で読破出来るのだろうか、チャレンジだ!!

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド