トップ > クルマ > ゲンロク > 2013年4月号

ゲンロク
2013年4月号

2013.02.26
毎月26日
定価885円 (本体価格819円)
ISBN:4910136370433

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

バックナンバー

2019年10月号
ゲンロク

新型ポルシェ911徹底検証

2019年9月号
ゲンロク

【World of Ferrari & McLaren】

2013年4月号
NEWS&SCOOP!
[最新情報] マクラーレンP1
[スクープ] フェラーリF150
[2ドア版登場] ロールス・ロイス レイス ゴースト・クーペ
[次世代モデル] ロールス・ロイスの未来。

High Performer Impression
[日本上陸] フェラーリF12ベルリネッタ
[初試乗!] ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4 ロードスター
[660psの日常] べントレー・コンチネンタル GTスピード

STREET&RACING
[戦慄のパフォーマー] クライスラー・300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー SRT8

NEW CAR IMPRESSION
レンジローバー・オートバイオグラフィー/BMW X3 xDrive20d/メルセデス・ベンツAクラス/ボルボV40
JUST Arrived SPECIAL JAIA輸入車試乗会

Individual Sports Cars
[元F1レーサーの証言] ジャガーFタイプ
[予想以上] ポルシェ・ケイマン
[田中哲也が試す] ポルシェ911カレラ4×カレラ
[超個性派が駈ける] スパイカーC8

ECO CANNONBALL 2013
東京~長崎1500km! 時間&燃費の耐久レース。
[前口上] エコ・キャノンボール開幕!!
[絶景と妖怪探しの1500キロ] チームG:フェラーリ458イタリア/ポルシェ・カイエンSハイブリッド/フィアット500ツインエア
[燃費に拘り続けたエコラン野郎チームR] チームR:ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4/アウディA6ハイブリッド/VW UP!
[勝負と旅の狭間を走り続けたチームQ] チームQ:メルセデス・ベンツSLS AMG/BMWアクティブハイブリッド7/スマート・フォーツー
[最後に一気乗り] ライバルカーインプレッション
[激戦を終えて] エコ・キャノンボールを終えて。
[結果発表&総括] 大義は果たせた!?

GREEN GENROQ
[欧州ハイブリッドの実力] ポルシェ・パナメーラSハイブリッド
[ザ・パーフェクト] ミツビシ・アウトランダーPHEV

[年の初めのショータイム。] 31th 東京オートサロン2013 with NAPAC
[松田美由紀 The Scene] 池内博之×シボレー・カマロ
[The Watch サーキットにて。] ゼニス/A.ランゲ&ゾーネ/ウブロ/IWC
[DEBUT] Wモータース/メルセデス・ベンツC63AMG“エディション507”/アストンマーティン・ラピードS
[TOPIC] マクラーレン50周年/パガーニの記録更新
[ちょっと気になる日本車] トヨタ・クラウン
[TEC GENROQ] ①クルマはどこまで自動化されたか?/②バッテリーの安全性を考える。
[ロングタームレポート]
ポルシェ997ターボ/アルテガGT/メガーヌRS/レンジローバー・イヴォーク
[Check it up!] 厳選パーツテスト
[LIFE] オトコを上げるハイジュエリー 編
[Watching] 広田的SIHHを象徴した1本。
[GENROQ太郎のお喋り工房] 第78回 氷の壁に挑戦!! 編
[哲也の部屋] 第2回 山本 昌
[新連載] 実は美味しい、この1台!『熊倉です。』 キャデラックATS
[新連載] 太田哲也の「俺の話を聞け!」
[It's a carbon time!] LESSON15 GH CRAFT前編
[福野礼一郎の昭和元録ユニヴァース] 第12話 宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
[NEW! ] ニュース/インフォメーション/新製品

インテリア公開。

3月に開催されるジュネーブ・ショーを目前にして、マクラーレンはP1のインテリアに関する写真を公開した。あのF1の再来とも表されるP1の最新情報と共に実像へと迫る。

F12ベルリネッタ、日本上陸。

聖地フィオラノでの初試乗から約半年、遂に日本上陸を果たした、フェラーリのフラッグシップ・スーパースポーツ“F12ベルリネッタ”。740㎰を誇るその極上の性能は、日頃慣れた地で乗るとどうなのか? 箱根を中心としたワインディングで、意図して試すことにした。

1500kmを“エコ”で駆け抜けろ!

目的地まで誰よりも速く駆けつける“キャノンボール・ラン”は、クルマ好きなら誰しも夢想したことがある公道レース。実際にはイリーガルなスピードや燃料の垂れ流しはご法度だから、エコランの要素を加えた、その名も“エコ・キャノンボール”を決行! 燃費/コスト/スピードの3項目を競うこのレース、集った漢たちの意地がぶつかり合って思わぬ熱い展開を繰り広げた!!

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド