トップ > クルマ > ゲンロク > 2013年6月号

ゲンロク
2013年6月号

2013.04.26
毎月26日
定価885円 (本体価格819円)
ISBN:4910136370631

e-honで立ち読み

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

Amazonで買う

バックナンバー

2018年10月号
ゲンロク

The World of BENTLEY

2018年9月号
ゲンロク

マクラーレン絶対主義

2013年6月号
■NEW BRITISH SALOON 英国の新流儀。
[最速のサルーン] ベントレー・フライングスパー
[究極美の4ドアスポーツ] アストンマーティン・ラピードS
[新ユニットの合否] ジャガーXJ&XF

■NEW CAR IMPRESSION 熱き新鋭。
BMW3シリーズ・グランツーリスモ/ボルボV40 T5 Rデザイン/キャデラックATS&SRXクロスオーバー・プレミアム“アドバンスド・セーフティ・フィーチャー”/レクサスISプロトタイプ

■LIVE REPORT
ニューヨーク・インターナショナル・オートショー/ソウル・モーターショー2013/
バンコク・インターナショナル・モーターショー2013

■GREEN GENROQ ジュネーブのグリーン。

■THE VINTAGE NOW ヴィンテージの世界へ。
[ジャンの忘れ形見] ル・パトロンズ タイプ57C
[追憶の駿馬] フェラーリ250GTカリフォルニア・スパイダー
[燃える男の赤いポルシェ] ワルター・ロール×ポルシェ・ジュニア

■松田美由紀 THE SCENE ネクストステージ。
金子ノブアキ×ポルシェ・ボクスターS
■The Watch 使えるGMTウォッチ。
オメガ/ロレックス/ジャガー・ルクルト/ユリス・ナルダン/ブライトリング

[DEBUT] ポルシェ911RSR
[SCOOP] メルセデス・ベンツSクラス
[DEBUT] マセラティ・ギブリ
[TOPIC] デトロイト・エレクトリック
[ロングタームレポート] ポルシェ997ターボ/レンジローバー・イヴォーク
[ロータス2-11カップ参戦記] 第2回 戦闘準備、完了。
[サマータイヤカタログ]“スポーツ&コンフォート”
[Check it up!] 厳選パーツテスト
[LIFE] 最旬サングラス 編
[Watching] 時計業界のブランド戦略
[GENROQ太郎のお喋り工房] 第80回 2年後の被災地に立つ 編
[哲也の部屋] 第4回 スーパーGTレポーター 青木愛
[太田哲也のオレの話を聞け!] 第3回 フェラーリとリシャール・ミル
[熊倉です。] 実は美味しい、この1台! MINIペースマン
[It`s a carbon time!] LESSON17 アルファ4Cの中身とは。
[福野礼一郎の昭和元録ユニヴァース]
第14話 陸上自衛隊広報センター りっくんランド見学記
[NEW!] ニュース/インフォメーション/新製品

THE SUPER CARS 2013             第四次スーパーカーブーム勃発。

フェラーリ、ポルシェ、マクラーレンが、ハイブリッド式のスーパースポーツカーで表現する、環境保全と高性能を両立させた姿勢こそ、第四次スーパーカーブーム、最大の特長である。そこで、現行車のテストを交えて、今一度2013年のスーパースポーツカー事情を検証する。

■第一章 検証「新世代」 ラ フェラーリ × ポルシェ918スパイダー × マクラーレンP1
■第二章 700㎰級スーパーバトル パガーニ・ウアイラ × RUF CTR3クラブスポーツ × ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4
■第三章 740㎰×レーサー フェラーリF12ベルリネッタ
■第四章 AMGの主義主張
[最高峰、ブラック] メルセデス・ベンツSLS AMGブラックシリーズ
[DNAを探る] メルセデス・ベンツSLS GT × SLS GT3
■第五章 スーパーカーの日常性
[楽園で駆るガヤルド最終章] ランボルギーニ・ガヤルド・シリーズ
[本気とカジュアル] フェラーリ・カリフォルニア30ジャポーネ
■第六章 ポルシェの方向性
[検証] ポルシェ911GT3
[スクープ] ポルシェ911ターボ
■第七章 GT-R進化論
[FSWアタック] ニッサンGT-R MY2013
[引退の真相] 水野和敏インタビュー
■第八章 永久不滅
ローワン・アトキンソン×マクラーレンF1

700ps級スーパーバトル!  

パガーニ・ウアイラ × RUF CTR3クラブスポーツ × ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4

最新鋭のハイブリッド式スーパースポーツカーも魅力的とはいえ、やはり700㎰級の内燃機関マシンが見せるパフォーマンスは刺激的だ。特にここに登場する3台は、いずれも超個性派。各々の世界感も満載である。ミッドシップカーならではの走りに、あらためて惹かれるだろう。併せて2207㎰の超絶バトルをお届けする。

740㎰ × レーサー

フェラーリF12ベルリネッタ

そのデビュー以来、尋常ではない速さによって魅了し続けている、フェラーリのフラッグシップ、F12ベルリネッタ。実に740㎰を誇る駿馬である。しかも搭載されるV12ユニットは、あの“ラ フェラーリ”と基本を同じとするパワートレインを持つゆえに、真のパフォーマンスを知るには難題でもある。そこでレーシングドライバーの田中哲也に、その出来を暴いて頂くことにした。740㎰のロードカーの神髄とは如何に……。

関連商品
コンプリート・ファイル
BMW E46 3シリーズ

3シリーズ1998~2007モデルライフ詳解

RACERS レーサーズ
Vol.52 NSR500V

250のようなコーナリング性能で同胞の4気筒NSRを追い回せ!

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド

DVD