トップ > クルマ > レブスピード > 2013年12月号

レブスピード
2013年12月号

2013.10.26
奇数月26日
定価1026円 (本体価格933円)
ISBN:4910096451234

SOLD OUT

定期購読する

電子書籍を買う

バックナンバー

2022年7月号
レブスピード

ブレーキングが上手くなるドラテク&チューニング教本

2013年12月号



[電子版も同時発売 好評発売中!]
詳細ページURL
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.as-books.jp/books/info.php?no=REV20130526

全ページプレビューURL(全てのページの雰囲気が確認できます!)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.as-books.jp/books/sample.php?no=REV20131026


<誌面特集>
■特集1
攻めと守りの S2000TUNING
ホンダ渾身のFRスポーツを味わい尽くせ!

■特集2
ブレーキングを残さないコーナリングが速い!?
谷口信輝の最新ドライビング&セッティング理論を試す

■特集3
憧れのブレーキシステムを手に入れたい!
ビッグキャリパー&大径ローター特集

○サーキットで速いストリート仕様を探せ!
REVSPEED STYLE

○REV読者のためのエンジンチューニング講座
Vol.04 ターボチューニングの基礎知識

○DVD連動企画 300万円輸入車の刺激大検証

○車種別「気になる」情報公開 テストデータいただきます!
GVB WRX STI Spec C×SA NAGOYA BAY/Z34 FAIRLADY Z×Pro Stock Racing/Z34 FAIRLADY Z×DAIWA RACING LABO

○DIREZZAチャレンジ TSタカタ/日光大会レポート
ZⅡの性能を発揮させる方法を調査!!

○フジトモのドラテク対談 山路慎一

○86/BRZ最前線
AUTO FACTORY86の速さの秘密を大公開/SA浜松86 木下みつひろプロジェクト/GPスポーツ 86ターボ&NEWパーツ/Buddy clubとOGシステムからVSCキャンセラー登場

○SPORT Light!
新型FIT RS速報 RSの進化&チューニング情報 by SPOON/BLITZ FIT用車高調の緊急インプレ
連載再始動! ZC32スイフトスポーツ限定 チューニングの疑問解消 レブスピード実験室

○NEW MODEL IMPRESSION SUBARU BRZ tS/BMW 435i Coupe M Sport

特別付録DVD Vol.56

ドラテク&セッティング チューニングのヒント満載120分!

■動画でハッキリ! スッキリ
アンダ300万円輸入車の刺激大検証
PEUGEOT 208 GTi/CITROEN DS3 SportChic/RENAULT TWINGO GORDINI R.S./ABARTH 500/MINI COOPER/Mercedes-Benz A180/VW Polo GTI

■ そんな輸入車にも負けない
最新スイフトスポーツの魅力再確認

■ FSWショートコースで実感!
ゴルフⅦ GTIは凄いぞ〜

■ バトルテクニック
コーナーで倍返しだ!
スーパー耐久 第4戦 富士スピードウェイ ードライ編ー
スーパー耐久 第5戦 岡山国際サーキット ーウエット編ー

■ ディレッツァチャレンジ TSタカタラウンド
フロント285幅の永野圭祐シビックが来たぁ〜
TSタカタ コース攻略トーク

■ 第24回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
TEAM REVSPEED with TVCの奮戦記
大井貴之/砂子塾長の残念な予選アタック車載映像

攻めと守りの S2000TUNING

ホンダ渾身のFRスポーツを味わい尽くせ!

このクルマだけにしか搭載されない超高回転型エンジンであるF20C/F22Cのほか、シャシーなども他車種と共通部品を持たないスペシャルモデルであるS2000。デビュー以来、サーキット走行を楽しむためベースマシンとしても人気を保ち続けている。
ノーマルの状態でもレーシングマシンレベルのスペックを持つS2000には、本来の性能の維持するため、より楽しく、速くするためには独自のノウハウが必要となる。
そこで当企画では、S2000を知り尽くすチューナーの「攻めのチューニング」と「守りのメンテ&リフレッシュ」の方法を紹介する。

ブレーキを残さないコーナリングが速い!?

谷口信輝の最新ドライビング&セッティング理論を試す

コーナリングの基本は「ブレーキングで荷重をフロント寄りにした状態でハンドルを切る」というのが一般的。しかし、スーパーGT/スーパー耐久/シビックインターのほか、WTCCなどさまざまなカテゴリーのレースで活躍する谷口信輝は「ブレーキを残さない乗りかた」を提唱する。
4輪のグリップを最大限に活かし「もっと速く曲がり」、「もっと速く立ち上がる」ための最新理論は、テクニックだけではなくクルマのセッティングも込みで考える必要がある。
いままでの常識を覆す、新たなコーナリング理論を解説&実践で紹介する!

※ 次号11/26月売り1月号の付録DVDでは、大井貴之が「ブレーキを残さないドラテク」を実際の走りから分析!こちらも乞うご期待!

関連商品
ハイパーレブ
Vol.263 マツダ・ロードスター No.13

世界に誇るオープンスポーツカー
走りもルックスも『意のままに』

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド