トップ > クルマ > モーターファン別冊・ニューモデル速報 > ホンダ・ヴェゼルのすべて

モーターファン別冊・ニューモデル速報
ホンダ・ヴェゼルのすべて

2014.01.16
不定期刊
特別定価494円 (特別本体価格457円)
ISBN:9784779620621

SOLD OUT

電子書籍を買う

Amazonで買う

復刻版を購入

ホンダ・ヴェゼルのすべて
ヴェゼルはフィットと同じホンダのグローバル・スモールプラットフォームを活用して開発された、まったく新しいコンパクトSUVだ。つまり、ヴェゼルはフィットをベースにつくられたわけではなく、世界の幅広い市場で受け入れられるよう、セダンボディのシティ(海外専用)を含めて同時開発された背景を持つ。

ボディの大きさは、全長4295mm×全幅1770mm×全高1605mm。他社製のライバルSUVで最もサイズが近いのは三菱RVRで、全高のみヴェゼルが10mm低く、全長と全幅はまったく同じ。それ以外でサイズ的に似ているのは日産のデュアリス。RVR(欧州名ASX)もデュアリス(欧州名キャシュカイ)も欧州市場に軸足を置く世界戦略車だけに、やはりグローバルな物差しで測った方が、ヴェゼルの相対的ポジションは理解しやすい。

だが、それはそれとして、ここは日本。日本市場におけるヴェゼルの強みは、フィット譲りのハイブリッド搭載モデルをラインナップに置くこと、センタータンクレイアウトと低床設計を活かした優れたユーティリティ、クーペの流麗さとSUVの力強さを融合した、他にはないデザインの魅力、といったところに求められるだろう。6対4分割可倒のリヤシートに備えられたチップアップ&ダイブダウン機構などは、まさにフィットからそのまま譲り受けた伝統のシートアレンジ。これに実用的なサイズのラゲッジルームも加わり、スペースユーティリティは文句なしの出来である。

ハイブリッドシステムは1.5L直噴エンジンに1モーターと7速DCTを組み合わせた「スポーツハイブリッドi−DCD」を採用。燃費は最良値27・0km/Lをマークする。1.5Lの純ガソリンエンジン車もラインナップされ、こちらの燃費も最良値20・6km/Lと優秀だ。全車にCR-Vと同じ電子制御式リアルタイムAWDも設定され、SUVをアクティブに使い倒したいというニーズにも応える。

車名の「VEZEL」は、宝石のカット面を指す「BEZEL」と「VEHICLE」の「V」を掛け合わせた造語で、多面的な魅力と価値を持つことを意味している。先にも述べたクーペのようなパーソナル感とSUVらしいタフさに加え、ミニバンのようなユーティリティもまたヴェゼルの大きな特徴だ。

インテリアには前席間を明確に分ける役割と、使い勝手に優れたコンパートメントとしての役割を両立するハイデッキセンターコンソールを採用。スマートなアイデアが満載されたこのセンターコンソールは、ヴェゼルが標榜する「多面的な価値」の象徴とも言えるだろう。

さらに、信号待ちなどでブレーキペダルを踏み続ける労力から解放してくれるオートブレーキホールド機能付き電子制御パーキングブレーキ、アクセルペダルの踏力に反力を返して燃費の改善を図るリアクティブフォースペダル、ワンタッチで操作を完了する「スマートタッチインテリア」の数々と、日常的な使い勝手を高めてくれる装備類も豊富に採用されている。

かくも多くの魅力が詰まったヴェゼル。過当競争の進むSUVマーケットにおける新風となることは間違いない。

何でもこなすマルチなSUV!

ホンダ初のハイブリッド×リアルタイムAWD登場

コンパクトなサイズに、フィット譲りの1.5Lハイブリッドシステムを搭載。そして、それを包むスタイリングも、まるでクーペのような流麗さ。これまでのSUVの枠組みにとらわれない、自由な発想から誕生したのがホンダのブランニューSUV、ヴェゼルです。その全貌を、『すべてシリーズ』でぜひチェックしてみてください。

CONTENTS

試乗インプレッション/ライバル車比較試乗/開発ストーリー/メカニズム徹底解説/使い勝手徹底チェック/バイヤーズガイド…and more

関連商品

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド