トップ > クルマ > その他のクルマ雑誌 > 世界一の考え方

その他のクルマ雑誌
世界一の考え方

2014.04.10
不定期刊
定価1620円 (本体価格1500円)
ISBN:9784779621338

カートに入れる

Amazonで買う

セブンネットで買う

バックナンバー

歴代フェアレディZのすべて
その他のクルマ雑誌

時代ごとに装いを変えた、NISSAN's PURE Sports Car Spirits!

世界の自動車オールアルバム2019年
その他のクルマ雑誌

世界中のすべてのクルマがここにある

その他のクルマ雑誌
世界一の考え方
『F1速報』連載に大幅加筆、単行本限定スペシャル対談
福井威夫氏(本田技研工業株式会社・取締役相談役)と語る
「F1仕事論」を収録

世界一のレースには、
世界一の考え方が存在する。

F1グランプリという過酷な戦場において立ち止まって、じっくり考える時間はない。限られた時間で次々と新しいアイデアを形にして、安全を考えながら、ぎりぎりの性能を追求し、刻一刻と変化する状況下で最適な作戦を選びとる。大きな時代の転換期を迎えている今だからこそ国境を越える「戦う哲学」が、きっとヒントになる。

究極の競争に人生と仕事のヒントがある

・アイデアは誰にでも生み出すことができる
・ミスを犯すという前提で計画する
・トップは困難な道を選ばなければならない
・自分で自分に値段をつけてはいけない
・コミュニケーション力とは相手を理解する力
・どうやって恐怖心を克服するか


[著者プロフィール:森脇 基恭(もりわき・もとやす)]
1946年、東京生まれ。69年に成蹊大学工学部を卒業。同年、本田技術研究所に入社。F1活動を志し、設計者として四輪部門の研究開発を担当する。73年に退社後、英国に渡りレーシングカーコンストラクターGRD社へ。日本人初のチーフデザイナーに抜擢され、いくつものチャンピオンマシンを生んだ。帰国後は76年F1世界選手権イン・ジャパン、77年F1日本グランプリ主催者事務局次長となる。77年は開催契約交渉を一任され、バーニー・エクレストンと渡り合う。78年ノバ・エンジニアリング副社長に就任。経営に携わるとともにレーシングチームの指揮を執り、数多くのタイトルを獲得。多彩な経験と見識を活かし、フジテレビF1中継の解説などメディアでも活躍。著書『F1グランプリ』(新潮文庫)、雑誌『F1速報』ほかで執筆中。

関連商品
ゲンロク
2019年10月号

新型ポルシェ911徹底検証

クルマ

モータースポーツ

バイク

ファッション・カルチャー

スポーツ

実用・ガイド